Img_928a6e397e5f0f23580d497f691003fe
スウェディッシュアイビーの寄せ植え
Img_e18d27b5fb529e640e88692d26217402
少しでも見た目に涼しく♪

この夏のお気に入り、スウェディッシュアイビー ゴールデンの寄せ植えです。
明るい半日陰を好み、この暑さでも元気でこんもりと大きく育つ夏のおススメカラーリーフ。
少し日陰の場所で見る、明るい黄緑の葉や白い花はとても涼し気で暑い日もクールダウンさせてくれます。

お店にいると、いつでも季節の植物が見放題!のスタッフの特権で、一年草の植物を買って帰ることは少なくなっていた私ですが、あまりの暑さに緑ばかりの自宅ベランダにも、涼し気なブルーのトレニアカタリーナ ブルーリーバーや白いインパチェンス、センニチコウ(白)など・・・
もちろんスウェディッシュアイビ ーゴールデンも、買って植えました。

気温を下げることはもちろん不可能ですが、身近な場所から、せめて見た目に涼しくする工夫をして、どうにかこの夏を乗り切りたいものです。

外仕事の多い私たちも暑さには慣れているつもりですが、つもりは危険。
こまめに水分補給、休憩をしながら作業をしています。

体を少し休めてじっとしていると、時々吹く心地いい風に、いつもの夏以上に敏感になったような・・・そんな気がします。


Img_729bbc9c4cd9482afec134d4c40e34fe
ベンジャミンバロック
Img_da91ffbe6981f92afe4137655908be51
トックリラン(ベラボン植え)
Img_a092e03b7dc682895d35dad02fe88da6
マドカズラ

夏の間元気よく成長する観葉植物も、店内、軒下と出来るだけ植物が好む場所に置くようにしています。
水やり以外にも、日の当たる向きを変えたり、ホコリで汚れやすい葉を拭いてあげたり、根が苦しそうなものは鉢に植え替えたりと、様子を見ながら管理しています。

お店にはたくさんのグリーンがありますが、日々お手入れしていると、小さな新芽からきれいな葉が出てきたり、花が咲いたりと、あまり変化がないようなグリーン達も夏場は色んな発見があり、観察しながらの管理も楽しいものです♪

枯らしてしまったら・・・

留守中が心配・・・
とグリーンをお部屋に置くことをあきらめてしまわれている方も多いかもしれません。

お部屋の環境に合う、合わないもありますが、グリーンも性格色々です。
どんなタイプかが、なんとなくわかってくるとグリーンとのお付き合いも長く楽しめると思います。

初めてのタイプや枯らした経験がある時には、お店でも『性格』ぜひお尋ねくださいね。
また、なぜ枯れてしまったのか、原因を振り返ると次の栽培の参考にもなります。

外に出かけず、お部屋で過ごすことも多くなりがちな夏、イキイキとしたグリーンで室内でも見た目に涼しくできるといいですね!

Img_f2e7b70535bc16c7678dade7ffaadfad
使いやすそうな棚
Img_7dd47ad7e6a60c6057fe701b20288f3e
柏葉アジサイハーモニー
Img_12c73327c08318892959ffae6da3155e
ラベンダーポプリ

毎日、外の軒下ではマネージャーが木工作業をしています。

のこぎりギコギコ、ブイーン、トンカン、トンカンなどなど、木工作業の機械音とセミの声が聞こえてきますが、この音が聞こえてこないと夏ではない!?

9月8日(土)~17日(月祝)開催の『マネージャーの手作り木工市』の準備が着々と進められています。

今年は大雨や台風で取り掛かりが遅くなりましたが、マネージャーの仕事の早さにはいつもびっくりです。

スギやヒノキの国産材を使い、園芸店ならではの視点で作る木工品は、今年もマネージャーのアイディアと愛情がたくさん詰まった作品ができています。

お庭やベランダ、また室内でも使いやすい大きさ、高さ、特に女性が扱いやすいサイズ感にこだわり、制作していますので、きっと色んな場所で活躍してくれるのではないかなと思います♪

マネージャーに負けじと、私も植え込みやドライアレンジなどちょこちょこと作っていますが、そろそろペンキ塗りも始めたいところ。

木工市の頃にはこの暑さも落ち着いてくれていると期待し、それまでは制作の様子をお知らせしていきますね。



Img_ce8a466706b234abd56a27c42f41f112
フジヅルのリースをガラスに
Img_3dd6694f850c092cf162fcee4a138ac0
ツルのベースにアレンジして
『MADOKAさんでのワークショップのお知らせ』


フジヅルリースのガラスベースは8月3日(金)お向かいの天然酵母パン&キッチンMADOKAさんでのランチ付きワークショップで使うものです。

MADOKAさんに写真の見本を置かせていただいていますが、ラベンダーやアジサイ、スモークツリーなどドライをツルのベースにつけていきます。

とても香り良いラベンダーグロッソの花をガラスの容器に入れて、香りも楽しめるドライのアレンジ作りをします。(担当シミズ)

美味しいMADOKAさんのお料理とアレンジ作りで、夏のリフレッシュしませんか?


●ご参加のお申込みはMADOKAさんまでお願いしたします。

8月3日(金)スタート11:30~14:30ごろ

料金:4500円
アレンジ費用、講習費、ランチ&スイーツ代金すべて含みます(当日払い)

お申込みはMADOKAさんTEL092-861-9490
Facebookイベントページもご覧くださいませ (Click!) 

Img_cfc79dc1ffcc46a896d7f5e4bcc8abb9
エボルブルス ブルーコーラル
Img_8ea8206f07c2652758f89668108491e7
トウガラシブラックパール
Img_5211db0ba305f3506f6089d04e8ef225
2POT で作る寄せ植え

夏のブルーの花

エボルブルス ブルーコーラル

こんもりとよく花が咲くタイプ。
このアメリカンブルーを植えると普通ので物足りなくなること間違いなし!の花付きです。
真夏は少し花が休む時もありますが、秋口からも晩秋までよく咲いてくれ、夏は涼し気に、秋色にも似合うブルーです。

ブルーの花ともよく似合う、黒葉のトウガラシブラックパール
黒い葉はそれだけでもカッコよいのですが、やっぱり何かと一緒に合わせて更にカッコよくしたいところ。黒い実はだんだん赤くなりアクセントになりますよ。


最後の寄せ植えはブールと黒の組み合わせという事で・・・

ヘミグラフィス アルテルナータとトレニア カタリーナ ブルーリバーの寄せ植えです。
それぞれ1ポットずつ、2ポットで作る寄せ植えです。

ヘミグラフィス アルテルナータは3株に分けています。

この時期は分けたあとのダメージも心配ですが、全体の根っこをあまり切らないようにそっと分ければ、ほとんど失敗はありません。
植えて数日は半日陰の場所で様子をみながら、徐々に明るい場所へ。
あまりにも置き場所の日当たりが良すぎるときには、半日陰でも大丈夫です。


暑さで夏の植物栽培はあきらめてしまわれる方も多いでしょう。
でも、植物があるのとないのでは大違い!と毎日植物に囲まれている身としては本当に贅沢ですが、そう思います。
皆さまも無理のない程度に、夏の植物を楽しんで頂けるといいなと思っております♪

鉢のお持込もOKですので、暑くてできない~というときには、ぜひお持ちくださいね。